格安SIMでトクする人と損する人の違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

MNVO 格安Simを使ってトクになる場合と大手キャリアの方がとくな場合があります。

どのような場合に損得が分かれるのでしょうか。

それは

通話をどれだけするかどうかで違う!

のです。

スマホであまり電話はしないでLINEなどのメッセージアプリやインスタングラムやfacebookで写真を共有する事がメイン!というかたは 

MNVO 格安Simを使って とくをする人 なのです。

なぜかというMVNOの通話プランは、料金が従量制だからです。今の大手キャリアの通話プランはかけ放題などがパックとなったプランのため、通話が多い人の方が特になるのです。

MVNOは通話料を時間当たりいくらで設定しているので30秒で20円などの料金が発生してしまうのです。そのためせっかく格安シムに変更したのに長電話をして大手キャリアの料金と変わらなかったなんてことになります。

では通話をよくする人はMNVOは使えないかというと、使い方次第でお得に使う事も可能です。

通話時間が多い人向きのお得な使い方は

  1. IP電話やアプリの通話を利用する
  2. 通話プランがセットになったMNVOを選択する
  3. PHSと2代持ちする

の3つの方法があります。

1)IP電話やアプリの通話を利用する
これは 050プラスや楽天電話に加入したり、インターネットが接続可能な場所ではLINEやスカイプの音声通話を使うことで、通話料金の発生を押さえられます。(データー通信を使います)

2)通話プランがセットになったMNVOを選択する
Y!mobileのプランは10分以内の通話で月300回までは無料で通話が利用できます。ちょっとした用事の電話なら10分以内におさまりますよね。家族や友達と長時間はなしたい時は1)のアプリの通話を利用して、普通の電話として使用する場合にこのプランの通話を上手く利用することで安くおさまります。

3)PHSと2代持ちする
仕事でどうしても電話を沢山つかいたい!
長い時間通話する必要がある方はPHSとの2代持ちという方法がおすすめ。
Y!mobileのPHSのプランは通話料金は月1,381円。データー通信はMVNOの安いプランを契約して電話をPHSを使うことで長電話しても大丈夫です。2台もつのが面倒な点がデメリットですが、機種が小型なので2台もちといってもそれほど負担にはなりません。

自分の普段の使い方にあわせてお得な組み合わせを選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。