simフリー携帯端末はどうやって手に入れるの?手続きや購入方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

MVNO事業者で契約する場合、これまで契約していた大手キャリアと同じ回線を使うMVNO事業者と契約する場合必ずしもsimフリー携帯端末が必要というわけではありません。そのまま使用できる場合もあります。

しかし異なる回線の事業者に移りたい時や、海外旅行に行った時に現地でプリペイドシムを購入して使いたい、、という方にはシムフリー端末が必要です。

SIMフリー端末を手に入れるには以下の方法があります。

  1. 格安SIM会社でスマホとセットのプランを選ぶ
  2. 中古ショップで購入する
  3. キャリアの端末のシムロックを解除する
  4. オークションで購入する
  5. インターネットで新品購入する

初めて格安SIM+SIMフリー携帯を使いたいという方はオークションで個人から購入するよりも、保証があるショップで購入するか、スマホとセットのプランを選ぶなどがおすすめです。

ではそれぞれを詳しく説明します。

格安SIM会社でスマホとセットのプランを選ぶ

格安SIMを契約する時に、SIMフリー端末とセットになっているプランを選ぶ事で手に入れる事が出来ます。
キャリアと同じように分割払いや一括払い可能なプランがありますので、それぞれの支払い方法から最適なプランを選びましょう。

SIMフリー端末ですので、基本的にどの事業者でも使用が可能です(au系とdocomo系で一部使えない場合があります)。A社でスマートフォンとセットのプランで契約した場合、A社と解約後に他の事業者でそのまま使う事が出来ます。

中古携帯販売店で購入する

中古の携帯を販売する店舗で購入する事も可能です。インターネットオークションで購入するより若干高いかもしれませんが、動作確認されている点で安心です。

また、自分でSIMフリースマホを購入した場合に端末にトラブルがあってもメーカーでの修理に時間がかかるなど不便な事もありますが、中古販売ショプで保証がついている場合も多いので、アフターフォローがあり安心です。

デメリットは都内など限られた場所しか店舗がないので、直接端末を見て購入した場合に都内の人以外は不向きかもしれませんが、中古携帯販売店もネットショップを持っていますので、インターネット経由で購入する事ができます。

格安携帯通販・ダイワン

契約中のキャリアでシムロック解除する

現在大手キャリア(docomoやsoftbankなど)で使用している方は、条件を満たしていれば端末のロック解除ができます。ドコモとauは全端末、ソフトバンクは一部のアンドロイド端末のシムロック解除が可能です。

大手キャリアの端末をSIMフリーにして格安SIMを使う場合、docomo/softbank回線とau回線で周波数がちがうのでdocomoの端末をau回線の格安SIMで使えないなどの点に注意する必要があります。

ドコモの解除手続き

2015年5月以降に新たに発売されたSIMロック解除機能搭載の携帯電話機など注意1注意2注意3
注意1 契約者ご本人であることを、お名前・生年月日などで確認させていただきます。法人名義によるお申込みの場合は、来店者の本人確認書類などが必要になる場合があります。またドコモの回線契約が確認できない場合は、来店者の本人確認書類が必要となります。なお、来店者の本人確認書類が健康保険証の場合は、公共料金の領収書、クレジットカード、学生証、住民票、外国人登録原票記載事項証明書の添付は不要です。
注意2 ネットワーク利用制限中・おまかせロック中・ケータイ補償ロック中の携帯電話機などについては、 各種ロック解除後に受付が可能となります。なお、(別ウインドウが開きます)ネットワーク利用制限については、解除できません。
注意3 携帯電話機などに水濡れや大きな破損などがある場合については、故障修理後の受付となります。

2011年4月~2015年4月に新たに発売されたSIMロック解除機能搭載の携帯電話機など注意1注意2注意3
注意1 契約者ご本人であることを、お名前・生年月日などで確認させていただきます。法人名義によるお申込みの場合は、来店者の本人確認書類などが必要になる場合があります。またドコモの回線契約が確認できない場合は、来店者の本人確認書類が必要となります。なお、来店者の本人確認書類が健康保険証の場合は、公共料金の領収書、クレジットカード、学生証、住民票、外国人登録原票記載事項証明書の添付は不要です。
注意2 ネットワーク利用制限中・おまかせロック中・ケータイ補償ロック中の携帯電話機などについては、 各種ロック解除後に受付が可能となります。なお、(別ウインドウが開きます)ネットワーク利用制限については、解除できません。
注意3 携帯電話機などに水濡れや大きな破損などがある場合については、故障修理後の受付となります。
手数料:3000円

docomo SIMロック解除の手続きはこちら

auのSIMロック解除の手続き

auのSIMロック解除の手続きはこちら

ソフトバンクの解除手続き

SIMロック解除機能を搭載した製品(2015年4月現在)
2015年5月以降に発売された機種

Galaxy S6 edge、COLOR LIFE 5 WATERPROOF
My SoftBankでのお手続き

SIMロック解除手数料 [無料]
SIMロック解除を行う製品を当社から購入し、現在ご利用中のお客さまに限り可能です(ご利用料金を滞納中の場合は受付できません)。
お客さまがご利用予定のソフトバンクモバイル以外のSIMカードが必要です(ソフトバンクモバイルのSIMカードしかお持ちでない場合はMy SoftBankでは解除できません)。
一部機種によっては、My SoftBank対応できない場合がございます。

ソフトバンクショップでのお手続き

お手続きの際に下記手数料を、店頭窓口にてお支払いいただきます。
SIMロック解除手数料 [3,000円]

2015年4月迄に発売された機種

BLADE Q+、301F、201HW、009Z、008Z
ソフトバンクショップにて受付いたします。
お手続きの際に下記手数料を、店頭窓口にてお支払いいただきます。
SIMロック解除手数料 [3,000円]

ソフトバンクモバイルのSIMロック解除

インターネットのオークションで中古のシムフリー端末を購入する

ヤフオクなどのオークションサイトにシムロック解除済みの端末が出品されることがあります。こまめにチェックして購入するといいでしょう。

メリットは代金が安い事。
デメリットは端末の種類を自由に選べないことと、動作確認に保証がないこと。前の使用者の使い方次第では不具合がある場合もある点、前の使用者が機種のローンの支払いを継続しないために使用出来なくなる場合もあるという点です。

新品のシムロック端末をインターネットで購入する

シムロック端末をインターネットで購入することもできます。

端末を販売している会社の運営するインターネットショップから直接購入する方法と、海外のシムロック解除した端末を販売するサイトより購入する方法があります。

直ショップより購入する場合。
iPhone
・アップルストアロックフリーのiPhoneを買う。
Android
Google playより Google が販売するネクサスシリーズが購入可能です

iPhone・Android・windows phone
・Expansysやamazonなどで携帯端末ショップで購入する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。