知らないと損!子供がスマホを欲しがった時に安く安全に使う方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

子供が大きくなって学校の友人がそろそろスマホを持ち始めると、

だんだんスマホを欲しがるようになります。
新学期になると学校の環境が変わったり新しいお友達も出来るので、

「部活動や勉強の連絡がLINEやメールで来るから、スマホがないと困る」

などと言われると親として悩んでしまいますね。
確かに今は 友達同士でスマホでやり取りしているので、スマホがないと話の輪に入れなかったという事もあるそうです。でも携帯で犯罪に巻き込まれる事件をニュースで見たり、何よりこの先受験費用でお金がかかるのに月々の高いスマートフォン代金を払うのはキツい!!。

そこで安く購入して安全に使う方法があるのです。

知らないでどこも同じだと大手キャリアで契約すると毎月高額な支払いが発生してしまうかも。

それではまずお得な方法をご紹介しますね。それは

MVNO (格安スマホ、格安SIM)を使う事です。

子供がスマホでやりたいことは?

子供がスマホを欲しい理由、スマホを持ったらやりたいことは主に次に上げた内容です。

  1. LINEやアプリで友達を連絡
  2. ゲームをやりたい
  3. 家族に電話をしたい
  4. 動画を見たい

公衆電話の台数が減っているので、お迎えや塾の帰り時間の連絡などをしたくてもなかなか電話がなくて不便、なのはよくわかります。たしかに電話を直ぐに使いたい時もあります。

友達どうしの連絡がLINEなどで行われる事がおおいので、LINEを使っていないと仲間はずれになるなんて話も時々聞きますよね。またゲームで有料アイテムを購入してしまい沢山お金を使っていたという話もあります。しかし、(後ほど説明しますが)子供が使いすぎないようにアカウントを共有にするなどしておけば使いすぎは防げます。

スマホを使う事のデメリット

  1. ゲームでお金を使いすぎないか
  2. 通信料が高くならないか
  3. インターネットの犯罪に巻き込まれないか
  4. 好ましくないサイトを閲覧しないか
  5. 勉強をおろそかにするのではないか?

やはり心配なのはお金を知らない間に使いすぎないかという所、好ましくないサイトの閲覧や犯罪、スマホやゲームに夢中になって勉強時間が減るのでは、というところです。

しかしある程度防ぐ方法もあるので後ほどご紹介します。

スマホを使う事のメリット

  1. 防犯機能などで安全確認が出来る
  2. 非常時の位置確認
  3. アプリやインターネットを利用した学習

大きな天災や思わぬ事故が多い今の時代、やはり非常時に連絡が出来るというのは一番大きなメリットだと思います。位置情報がわかるようになっていれば迷子になっても安心です。はぐれたら知らせるアプリもあるのでお子さんの年齢にそった防犯機能を持たせる事ができます。

いくらぐらいでつかえるの

格安スマホを利用すると データー通信料だけなら月額1,000円未満、通話とデーター通信がセットになったプランでも2000円台であります。

またファミリープランで家族で分け合えるプランがあるので、ご家族全員でプランを見直すと数十万円浮く事もあります。ファミリープランならお子さんが使う通信量も把握できるので安心感が増します

親の使っていた古いスマホを子供にあげて格安SIMのプランに入ることも可能ですし、余分なスマホがなければセットになったプランも割安ですので選んではいかがでしょうか。

安全につかうには

高速無線通信のLTEに対応してい て一般的なアプリが動作するスペックがあればいい。機種変更して手元に残った古い機種や、中古スマホでも事足りる。スマホがSIMフリー端末か、NTTド コモの端末であれば、格安SIMはドコモ系を、auの端末であればau系を選べばいい。

■子供の利用状況を親のスマホから確認できるアプリ

海外のアプリで DinnerTime は、親子のスマホにインストールをしておけば、親のスマホから子供のスマホをリモートで制御できます。iPhone / android 版あり。

例えば
・1日の間で使える時間
・任意のアプリを使用不可にする
・現在使っているアプリを確認する

などです。お子さんの年齢が上になるとプライバシーもありますので、徐々に制限を減らしながらインターネットを安全に使う教育をあわせておこなうと良いでしょう。

日本のアプリでは例えば スマモリ(有料)。こちらも利用状況や履歴、位置情報、親のデバイスから確認する事が可能です。
「ミマモール」などは許可したアプリだけが子供のスマホに表示され、子供の利用履歴も確認できる。

同様のアプリはいくつかあるので条件にあった使い勝手の良い物を探してみよう。

ゲームなどアプリ内のアイテムを買いすぎないようにしたい。

ゲームは無料で配布しているが、レベルを上げるとアプリ内でアイテムを購入して強くなるものや、アイテムを集めていくものがあります。無料だと安心していると次の明細をみたら高額の請求でびっくりしたなんてこともニュースで見聞きしますよね。

そうならないための設定方法をご説明します。

お子さんが小さい時
AppStoreまたはGooglePlayのIDを共有すると良いでしょう。親がIDを知る事で子供の利用状況を知る事が出来ます。子供がアイテムが欲しい時に親がパスワードを入力して購入できるようにすれば親が知らない間に子供が買ってしまう事はありません。

お子さんが大きくなったら

中高生ぐらいになったらIDは子供にまかせて、支払い方法を「プリペイドカード」などで払うように設定しておくと良いでしょう。「プリペイドカード」はコンビニなどで購入できカードに記載されている番号を入力することで購入額の範囲内で使う事が可能です。

お子さんのお小遣いの範囲で自分できめてプリペイドカードを購入するようにすればおこづかいの範囲内でしか購入できません。

まとめ

格安SIMや格安スマホで値段をやすく。
通信料も少なめでOK
課金をつかいすぎないよう購入時の工夫を
有害サイトなどをブロックできるアプリを使おう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。