通信速度(Mbps/Kbps)や上り・下りとは?知らないと損する、MVNOを快適につかう通信量

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

安い料金でお得な格安SIMを選ぶ時に気になるのが通信速度。安いのはいいけど遅いのでは?と気になります。
自分が普段スマホを使うシーンやプランにあわせて確認しておくと良いポイントがいくつかあります。

その確認ポイントの一つが通信速度と通信量

です。具体的にYoutubeを見るのに必要な速度や、インスタに写真をシェアするのにどれぐらい必要なのかも調べました!それではどこをポイントに見たら良いのかをご説明します!

上りbps 下りbpsとは?通信速度の見かたとポイント


まず初めにわからないのが、MVNO事業者のプラン詳細で必ず書かれている上りbps 下りbpsという表現。
これは何を指してどの程度が良いのかわかりづらいですよね。

Kbpsとは(Kiro bite per second)の省略、
Mbpsは(Mega bite per second)の省略ですが、 

これは一秒間(per second)にどれだけのデーターのやり取りが可能かを表す単位、それぞれ単位の大きさは Kbps < Mbps です。 インターネット通信はこの数値が大きいほど沢山のデーターのやり取りが可能なので通信速度が早いということになります

通信速度の上りと下りとは何?

次に、速度を表す所に「上り」「下り」と書かれていてそれぞれに速度が違っていますね。この上り・下りとはどんな意味でしょうか。

上り=アップロード、下り=ダウンロードの速度です。

つまり上りは自分がメールを送信したりメッセージや写真を送る時の速度
下りはインターネットでホームページを閲覧したりYouTubeの動画を閲覧する場合にデーターを見る(ダウンロードする)時の速度です。

通信速度の上りと下り

通常、自分がインターネットやサービスを利用する時に早く操作が出来たり表示が出来る場合に、快適な速度と感じます。利用する時は自分が送信する機会よりもホームページや動画を閲覧する機会の方が多いですし、メールやLINEで送るデーターよりもインターネットを見るデーター量の方が大きな容量なんですね。

そのため下りの速度がどの程度かが快適に見られるかどうかのチェックポイント!
下り速度が大きい方がインターネットの閲覧にストレスがないという意味です。

選ぶ時の下り速度の目安として大きく分けて高速と低速があります。75Mbps以上だと高速、200kbps前後では低速となります。高速の場合は数値的にdocomoやauやsoftbankなどの携帯キャリア変わらない速度と言えます。低速の場合、LINEやメッセンジャー、通常のWEB閲覧などはストレスをそれほど感じませんが、動画の閲覧や画像が多いサイトや画像共有アプリなどのサービスでは、表示までに時間がかかる場合が多く遅いと感じます。

最近では速度は遅いが接続すた数秒のみ高速にして表示にストレスがかからないような事業者もあります。

快適に使用できる速度はどれぐらい必要?

普段私たちがスマホで利用するサービスで、必要になる速度を簡単にまとめました。

メッセンジャー メール LINE 100Kbps〜1Mbps
ホームページ閲覧 200kbps 〜 2Mbps
テレビ視聴 3Mbps 〜 5Mbps
Youtube(低画質動画) 500kbps〜 3Mbps
高画質動画 3Mbps 〜 5Mbps

下り1Mbps以下になるとメールやメッセージなどテキストの受信程度なら大丈夫ですが、動画は見づらく閲覧が途中でとまります。動画をよく見たいかたには快適な閲覧環境とは言えません。

普通にテキストメインのホームページの閲覧をする場合インターネットを閲覧する場合には200kbps 〜 2Mbps、遅いと感じずに使用できるスピードは3~5Mbps前後が目安です。3~5Mbps前後であればよほど重い動画などでないかぎりはスムーズに閲覧が出来ます。

一番速度が必要なのは動画を見る場合です。こちらは高画質の動画を見た場合は最低2Mbps、快適に見るためには5Mbpsほどの速度が必要になります。
しかしスマホで見る場合は低画質動画を見てもそこまで画質の違いを感じる事はありません。それに動画は通信量も多いので高画質動画を閲覧するとすぐにパケットの制限を超えてしまうので、アクセス時に低画質動画を表示するようにあらかじめ自分のスマホを設定しておくといいでしょう。

Youtubeの動画をスマホで閲覧する時に速度を測定したところ、速度が2Mbpsでていて動画が止まる事なく閲覧できていました


※こちらは都内住宅街、夕方に【楽天モバイル】
での通信の様子です。速度を測定するアプリで実際にどの程度の速度か計測しています。

テザリングをしてPCでyoutubeなどの動画を閲覧する場合は読み込み途中で時々止まる、感じでした。
重い動画などでも問題なく閲覧したいという方は8Mbps前後の速度があれば十分でしょう。

(※:使用するスマートフォンのスペックによっても若干左右されます。スペックが低いスマートフォンではさらに遅くなり、スペックが高いスマートフォンでは処理が早いため同じ回線速度でも閲覧スピードは早くなります。)

各通信事業者が提示している速度は実行速度ではありません。ベストエフォートという最大限その速度が出るよう努力しますよ、という速度です。実際に150Mbpsという速度が出る事はないでしょう。通信が早い事業者で実効速度(実際に出ている速度)は5~10Mbps、大手キャリアがこれより早めの実行速度です。

なんだ、そんな速度しか出ていないのか、と思うかもしれませんが、実際にスマートフォンで見る場合そこまでの速度は必要ありません。

通信速度が早い MVNO/格安SIMはコレ!

数多くある MVNO/格安SIMの中でも通信速度が早いと評判の業者は

UQモバイル

UQモバイルはauの回線を使うので、これまでauを利用していた方はそのまま端末が利用できます。しかしdocomoやsoftbankの端末は利用する事が出来ません。simフリーの端末でもau回線が利用できる端末ならOK

docomoやsoftbankの端末を使うかたや、docomo回線を希望する方で、通信速度が早い格安simを希望する方に現在おすすめするのが楽天モバイル。楽天モバイルは2015年10月以前の回線は遅くて不満が多い物でしたが、2015年10月以降に契約した方は新しい回線の利用契約となっていて通信速度も改善されたため、快適な速度で利用できるという口コミが多数あります。

【楽天モバイル】

ベストエフォートとは?最大速度の違いを知ろう

通信速度を見ると、「最大150Mbps」という書き方をよく見かけます。これは常にその速度で通信ができるということではなく、条件によって一番早い時に出る速度のことです。

ベストエフォート型、と書かれている場合がありますが、ベストエフォートとは英語で最大限の努力という意味。記載している速度が最大限でるように努力しますがその速度が常に出るという保証ではないということです。

ベストエフォート型の反対はギャランティ型ですが、ギャランティ型は一定の通信速度を保証するという意味です。このギャランティ型の場合は一人のユーザーの為に保証した速度を確保しますが、ベストエフォート型の場合は何人かでその帯域を使います。そのため1人しか接続していない時は速い速度が出ますが回線利用人数が多い時は一つの通信を複数人で分けるため速度が遅くなります。

多くの人が集中して使う時間や接続する人が多い地域、たとえば通勤時間の都内の電車内やお昼休みのオフィス街などでは多くの人がインターネットを利用するために通信速度が遅くなります。

事業者が提示している速度よりも実際に使用した時の速度の方が下がると考えて良いでしょう。そのかわり安い値段での提供が可能になっているのです。

しかし提示された速度より実速度が遅いといっても、通常のメールやメッセージのやりとりやインターネットの閲覧で問題を感じるほど遅い事はまずありません。

最大速度一覧表

事業者名 プラン名 上り 下り
楽天モバイル ベーシックプラン   200Kbps
楽天モバイル 3G/5G/10G 50Mbps 225Mbps
mineo 全てのプラン 25Mbps 75Mbps
DMMモバイル 全てのプラン 50Mbps 高速ON 225Mbps
高速OFF 200Kbps
iijmio 全てのプラン 50Mbps 高速ON 225Mbps
高速OFF 200Kbps
U-mobile 全てのプラン 50Mbps 150Mbps
biglobe 全てのプラン 50Mbps 150Mbps

実際に今早い事業者も契約数が多くなれば速度が落ちる場合もありますし。お昼休みや通勤時間帯のオフィス街など時間や場所に寄っても遅くなる事もあります。また事業者が設備を整えて通信速度を改善するケースもありますので、状況によって変わることもあります。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。