MVNO 格安SIMとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スマートフォンを使うようになってアプリも使えるし便利ですが、電話の料金はどこも高くて毎月の料金の請求書をみてもう少し安くならないかと思いませんか。

最近 格安SIMやMVNO なんて言葉をよく耳にするようになりました。気になる格安SIMやMVNOとはどのようなものでしょうか。
どうしたら使えるの?料金はどうして安いの? とっても気になりますよね。

そこで格安SIMやMVNOとはどんなものかをご説明します! 

格安SIMとはどのようなもの

MVNOとは 仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operator)のこと。Mobile Virtual Network Operatorを略して「MVNO」と言います。(時々友人がMNVOとかMNVeなど間違えますがw MVNOです)

ドコモやソフトバンク、auなど大手キャリアと提携して回線を借り受けて契約者に提供しています。自社で設備を持たずに大手キャリアの回線を借りるので値段が安くおさえられています。ただし借り受け場合に使える回線の制限があるために速度が大手キャリアより遅い場合があるなどのデメリットがあるのです。

またデーター通信を主としたサービスが多いので通話プランよりもデーター通信プランを安く提供する傾向にあります。 

MVNOで使える機種は?

格安シムを使う場合に使える機種は以下の2パターンがあります。
1 シムロック解除されたスマートフォン
2系列事業者のスマートフォン(一部)は染むロックなしでも利用できる場合があり。

つまりドコモの回線を利用してりMVNO事業者ではドコモの端末をそのままシムロック解除しなくても使え、au端末はauを使う事業者でそのまま使える。

シムロック解除はどこで出来るの?

それぞれの契約キャリがでシムロック解除の手続きが行える。

シムロック解除はどこで手に入るの?

シムロック解除の端末を新たに購入したい場合、

MVNOのシムとスマホがセットになっているものを選ぶ
インターネットのスマホ販売ショップで購入する
公式ストアで購入する(iPhoneやアップルストア、アンドロイドはGoogle play)
中古携帯ショップで買う

です。
この場合注意が必要なのはインターネットのスマホ販売ショップで購入する場合です。海外からの輸入品の場合、日本の技適マークが適用されていません。技適マークが適用されていないデバイスは日本国内で使用することが法律上違反となりますので、購入時に確認してください。
(海外から日本への旅行者は技適マーク未適用のスマートフォンを使う事が

一つ注意が必要なのはドコモの端末をau回線を使用した事業者で使う、またその逆などの場合だ。
auは使用している周波数が異なるので、端末により使えない場合がある。

自分が持っている端末や使う予定の端末が対応している周波数やシムのタイプなどをあらかじめ確認しておこう。

MVNO事業者一覧

設備の提供元 会社名 ブランド名
NTTドコモ IIJ IIJmio
ビックカメラ BIC SIM
NTTコミュニケーションズ OCN モバイル ONE
日本通信 b-mobile
フュージョン・コミュニケーションズ 楽天モバイル
BIGLOBE BIGLOBE LTE・3G
NTTぷらら ぷららモバイルLTE
So-net So-net モバイル LTE
ニフティ NifMo
DMM DMM mobile
au ケイ・オプティコム mineo
KDDIバリューイネイブラー UQ mobile
ソフトバンク Yモバイル Yモバイル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。